心の処方箋

事例:父にも母にも夫にも愛されなかった、ほめられた事も一度もなかった。
そして別れを決断した、心が、砂漠状態の自己肯定感を失った「買い物依存症」
の幼子二人を連れた主婦への「心の処方箋」

 

※ポイント、
1:現在の閉塞感からの離脱

(別れる、やめる、逃避、戻る(旧姓、ふるさと回帰)、
何かを変える、あきらめる決断をする。

 

2:頭を休める(何か無害のものに集中する)

座禅、瞑想、マインドセットでなくとも可です。

 

3:心の浄化

泣く、笑う、さけぶ、書く、歩く、旅する、海を見る、山へ登る。

何かを捨てる、壊す。無理解な相手に叫ぶことで一発解決することがあります。

 

4:自己肯定感の補充(過去の良かった事に振り返る、過去に戻る(旧姓」に戻す、

思い出の品、写真を整理する。
故郷に帰る、誰かのYESを貰う,支持的な人(幼馴染み、おばあちゃんに合う。

NPO法人で抱きしめてくれるところを探す。

古い日記を読み返す、楽しかった時の想い出日記を書く。

自分の得意な趣味に没頭する。絵の好きな人は絵を描くだけでもすっきりします。

 

5:ストレスの緩和(好きな事をする、過去やりたかったことをする。ピンク色を身に着ける。

女性だったら男性美容師の店に行く。ホテルのbarにいってカクテルでも飲む。
好きなだけ寝る(朝寝、惰眠)。

叫ぶ、叩く(ドラム)戦う(治療のボクシング,格闘技)。

 

6:リフレーム、リマインドセットで、考え方を変える。

 

7:新しいステージへの助走(趣味、恋活で新たなチャンスを探す、
ダメもとで恋人を追いかける、新しい仕事をする

 

8:助けを求める(誰でも助けてくれる人を探す、精神対話士に話を聞いてもらう)

 

9:姿勢を良くする、足を組まない、腹式呼吸をする。

 

10、何が悪かったのか、振り返る。

 

11,自己分析をして客観的に自分を見る。

 

例:
1、昔書いた、日記を読み返す、思い出日記を書く。

2、実家に帰った時、おさな友達で、自分を支えてくれた、元彼と会って、

  昔話をする。

3、子供のころ持っていた「ぬいぐるみ」を手元に置く。

4、子供のころやりたくても親が許してくれなかったことをする。

5、子供を預けて、自分の自由な時間帯を確保する。
  頭を休める、好きなドライブで海か山かへ行く。

6、自分で自分を責めている執着心を放棄する。

  執着している相手がいるなら嫌なことを探り出す。

7、朝寝の時間帯を少し早くにして自分の甘えを許す。

8、ピンクの色を身近に。

9、泣きたくなったらしっかり泣く。

  泣ける映画を見に行く。

10、↔精神対話士に話を聞いてもらう。

11, エゴグラム分析をする。(条件:正しい自己評価)

12、恋活の勉強をする。片思いをする。

13、SNSを初めて「いいね」を貰う。

14、資格と経験をを活かしながら、自分の性格に合った職場に変わる。

  新しい資格の勉強を始める

15、旧姓に戻す。昔懐かしいところへ行ってみる。一人旅をする。

16, 映画を見る。美容院へ行く。エステに行く。

  化粧品売り場で化粧をしてもらう。写真館に行く。

17,自分の得意なことをして、自己肯定感を補充する。

        電車は心の休憩室

      親に壊された心の治し方